SSブログ

ブルーサクヤ通信 No.9 [BLUE SAKUYA]


Season2020-21 No.9

☆☆☆ HC名古屋に勝利!! ☆☆☆

いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

今週はホーム国分に、同勝ち点で並ぶHC名古屋を迎えての一戦。前半はペースをつかめず互角の展開でしたが、後半GKのファインセーブからBLUE SAKUYAペースで試合を進め、5点差での勝利となりました。順位は3位に浮上しています。
来週は大阪ラヴィッツとの試合。金曜の18時試合開始、平日ナイトゲームとなっています。ご声援よろしくお願いします!!


= 監督コメント =

前回、大敗した後のゲームということで、この一週間は戦術面の強化よりもメンタル面に目を向けた一週間でした。角南キャプテンを中心にミーティングを重ねて、チームの意識を一つにして全員で戦う姿勢で臨みました。大敗の後ということで、選手たちは多く悩んで不安な一週間だったと思いますが、今日勝てたのは、みんな変われて一丸となれたからで、いいゲームだったと思います。

試合展開は、開始してから相手にリードを許すという流れとなったことから、DF面ではロングシュートにポイントを絞る、OF面では狙われているところを囮にその他のところから攻めるということを指示しました。その結果、守ってからの速攻でイーブンで前半終了。後半は、GKのアビ選手の活躍で、チームが加速し、勝利することができました。

アビ選手は今シーズンから加入し、緊迫した中、長時間出場したのは初めてでしたが、任せられる選手が出てきたのは大きな収穫です。また、アビ選手に変わる前に前半の苦しい時間帯に、しっかりとチーム全員で守れたのも良かったです。

次回は、金曜の夜開催の試合ということで準備の時間が短いですので、まずはコンディションを整える。それから、今日の振り返りをしっかりして、修正、精度を上げる部分を明確にし、やることをチーム全体で共有する期間にしていきます。

次戦も応援よろしくお願いします。



= No.16 大沢選手コメント = シュート阻止率本日5割越え!

スタートはベンチでしたが、いつも"来るシュートは絶対に止める!!"というのが自分の中にあるので、普段通りの気持ちで準備をしていました。前半途中で自分に出番が回ってきたときは、"やっと流れの中で使ってもらえた!"という感じで、嬉しかったです。ただ、シュートは止めることができましたが、自分の中で、何本かまだ止められたと感じるシュートもあるので、次回の出番に向けて、最大限の準備をして、出た時に落ち着いて止められるようにしていきます。

次の試合も応援よろしくお願いします!


◇◆◇10月24日 HC名古屋戦 戦評◇◆◇スコアはコチラ

ホーム戦で勝利を目指すBLUE SAKUYAは、No.24角南のポストで先制する。しかし、序盤は攻撃のリズムが噛み合わず、名古屋ペースで試合が展開される。3-6とリードを許した所で、BLUE SAKUYAはタイムアウトを請求。落ち着きを取り戻したBLUE SAKUYAは、No.5岩﨑、No.13北原で連続得点をあげ点差を詰める。そこから、GKNo.16大沢が連続セーブ、No.6川村の連続得点で追いつき、12-12で前半を終える。

後半に入るとBLUE SAKUYAは、No.7服部、No.13北原、No.6川村の3連取でリードを広げると、その後もNo.4田村の速攻、No.7服部のサイドシュートなどで、BLUE SAKUYAペースで試合が展開される。その後は一進一退の攻防が続くが、GKNo.16大沢を中心に堅守で名古屋にゴールを許さない。終盤にはNo.20松浦の連続7mスロー、No.4田村の連続得点で名古屋を突き放したBLUE SAKUYAが、26-21で勝利した。

10月24日 HC名古屋戦 フォトギャラリー



【日本ハンドボールリーグHP】

ライブ中継 JHL TV
HC名古屋戦はコチラ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。