SSブログ

ブルーサクヤ通信 No.13 [BLUE SAKUYA]


Season2020-21 No.13

☆= HC名古屋に快勝!!=☆
~ 次戦12月26日15:00から準決勝 ~


いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

12月23日から開催されています、日本ハンドボール選手権大会(女子の部)、BLUE SAKUYAは準々決勝でHC名古屋と対戦。日本リーグのチームが相手ということで絶対に負けられない一戦。試合開始から主導権を握ったBLUE SAKUYAは着実に得点を重ね、10点差での勝利。準決勝へ駒を進めました。
次の相手は大阪体育大学。本日の試合でイズミメイプルレッズを延長の末に破り、勢いに乗っているチームです。大学生といえども、油断できない戦いとなります。2大会ぶりの優勝を目指し、全力で闘いますので応援よろしくお願いします!

==監督コメント==

今日の相手はポストをうまく使ってくるチームだと考えていましたので、そこをコントロールして優位に進めることができました。
明日は、2年前も対戦している大阪体育大学との試合。ここまで残ってきているというのは、今年のチームも非常に実力のある相手だと考えています。前の試合でも、多彩な攻撃、しっかりしたDFからの速攻というのが見られました。
先ほど試合が終わったばかりで、明日のことはまだ細かい部分までは考えられていませんが、相手に合わせるのではなく、我々が今までやってきたことをいかに出すか。ということに集中したいと思います。
明日の試合も難しい試合になると思います。自分たちにフォーカスして進んでいきたいと思います。明日も応援よろしくお願いします。

◇◆◇12月25日 HC名古屋戦 戦評◇◆◇スコアはコチラ

No.14谷のミドルシュートとで幸先よく先制したBLUE SAKUYAは、No.7服部の速攻、No.13北原、No.6川村らの得点でリードを広げ、試合を優位に進める。その後もNo.14谷のカットイン、No.20松浦の7mスロー、No.24角南のポストで得点を奪うと、No.1飛田が好セーブを連発、チームに勢いをもたらし、BLUE SAKUYAが15-11とリードして前半を終える。
後半に入っても、No.13北原の連打、No.24角南が獲得した7mスローをNo.15青が確実に決め、さらにリードを広げる。中盤に入ってもNo.7服部のサイド、No.27河嶋のポストなど、多彩な攻撃で得点を積み重ね、HC名古屋に付け入る隙を与えない。終盤に入ると途中出場のNo.16大沢が7mスローをシャットアウト。No.15青、No.20松浦も7mスローを確実に決めると、終了間際にもNo.3初見、No.4田村の連打で点差を広げたBLUE SAKUYAが28-18で勝利した。


====== 大会組合せ ======

オレンジ:日本リーグチーム
緑:日本協会推薦(学連)
青:各都道府県代表

=========================================

大会特設ページはコチラ

YouTube 日本ハンドボール協会公式チャンネルにて、準々決勝から決勝までインターネットライブ中継があります。

準々決勝 HC名古屋戦はコチラ

準々決勝 大阪体育大学戦はコチラ 14:35~


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。