SSブログ

ブルーサクヤ通信 Season2021-22 No.8 [BLUE SAKUYA]


Season2021-22 No.8

☆☆☆ 今週はホーム鹿児島で2連勝!!現在5連勝中!! ☆☆☆
~シーズン開幕から5連勝中~

いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

第46回日本ハンドボールリーグ第10週。今週はホーム鹿児島で三重バイオレットアイリスとザ・テラスホテルズとの2連戦。30日(土)の三重バイオレットアイリスとの試合は事前の予想通りの接戦となりましたが2点差で勝利、31日(日)のザ・テラスホテルズ戦は7人攻撃を多用してくる相手に戸惑うこともありましたが、11点差で快勝。ホームで2連勝、現在開幕から負けなしの5連勝中です。現在2位につけています。
次戦は3日(祝・水)に愛知県でHC名古屋と6日(土)に岐阜県で飛騨高山ブラックブルズ岐阜との試合。勢いをキープすべくチーム一丸で戦いますので、ご声援よろしくおねがいします!




= 監督コメント =

前回のアランマーレ戦を終えて、鹿児島に戻るメンバーと代表合宿に参加するメンバーの2グループに分かれたので、実際全体として練習としては2日間しか時間はありませんでした。予定より準備期間は短くコンディションも万全ではなかったものの、選手たちが自分たちで戦術を理解して試合に臨んでくれたので、この2連戦のいい結果へつながったと思います。
まずは、30日の三重戦。粘れればチャンスがあると考えてゲームに入りました。その中で前半は出だしがよく、4点リードと十分なアドバンテージを握って試合を進めることができました。後半リードはするものの、点の取れない時間帯が長く逆転されかけましたが、しっかり守りなんとか勝利を手にすることができました。相手の戦術によって守れない場面が出ていたのは、監督としての一つの課題です。ただ、どんな形であれ守り切って勝利できたのは大きな収穫だったと考えています。三重戦のキープレーヤーとしては青選手だったと考えています。三重の多彩な戦術に対して、DFで大崩れしなかったのは良かったです。また、メンバー全員が出場し全員がシュートを打つことができました。チームが苦しいときに途中から出てきた選手が、自分の得意とするプレーで点を取ってチームに勢いをつけてくれたのは、長いシーズンを考えた時にいい経験になったと思います。
31日のテラスホテルズは戦術として準備していた、DFのときにポストにボールを入れさせないという戦術が功を奏し、立ち上がりからリードを広げることができました。また、攻撃面でもプラン通りに、フリーでシュートを打つケースが多くイメージ通りに試合を進めることができました。相手の7人攻撃に対しても、だれがどう対応するかをミーティングで決めた通りにできました。テラスホテルズ戦の一番の収穫は新人の川上がでて得点を決めてくれたことです。いつも練習してきたことを体現してくれたのは、これからの自信になってくれると思います。
ここまでの5戦、常に競った試合で余裕をもって戦えた試合は無かったと感じています。そんな中、粘れば勝てるチームというのも分かった5試合でした。この先も変わらず、しっかりとDFを固めて粘る、ロースコアでもいいので確実に勝利する。というところに全力を尽くしていきたいと思います。シーズンまだまだ続きますので、引き続きご声援よろしくお願いします。


◇◆◇10月30日 三重バイオレットアイリス戦 戦評◇◆◇スコアはコチラ

開幕からの連勝を伸ばしたいBLUE SAKUYAは、ホームで三重バイオレットアイリスとの一戦。先取点こそバイオレットに許すも、No.7服部、No.13北原、No.4田村の3連取で序盤からペースを掴む。しかし、バイオレットも多彩な攻撃で徐々に点差を詰めて一進一退の攻防となる。何とか抜け出したいBLUE SAKUYAは、途中出場のGKNo.16大沢が好セーブを連発し流れを引き寄せる。その間BLUE SAKUYAは、No.24角南のポスト、No.14谷、No.7服部の速攻などで4連取しリードを4点に広げる。その後は両チームとも得点を取り合い、前半は13-9とBLUE SAKUYAが4点リードして前半を終える。後半に入って最初にペースを掴んだのはBLUE SAKUYA。No.14谷、No.13北原のロング、No.7服部のサイドでリードを7点に広げて試合を優位に進める。しかし、ここからバイオレットが7人攻撃を仕掛けると、BLUE SAKUYAは連続失点し主導権を奪われる。対するBLUE SAKUYAは、No.19北ノ薗がキレのあるカットインを決めて再びペースを掴むと、途中出場のNo.10藤田、No.11徳永が起用に応えて連続得点しリードを広げる。その後はバイオレットに連取を許し点差をつめられるが、25-23でBLUE SAKUYAが勝利した。

10月30日 三重バイオレットアイリス戦 フォトギャラリー




◇◆◇10月31日 ザ・テラスホテルズ戦 戦評◇◆◇スコアはコチラ

ホームで連勝を狙うBLUE SAKUYAは、出だしからNo.3初見のポスト、No.14谷、No.2伊地知などの連続得点で7分で5点のリードを奪う。ここからテラスホテルズは7人攻撃に切り替えるが、BLUE SAKUYAは攻撃の手を緩めず、No.16大沢がリーグ戦初得点となるエンプティーゴール、No.7服部のサイドなどでリードをさらに広げたところで、たまらずテラスホテルズはタイムアウトを請求。そこからテラスホテルズは7人攻撃で確実にノーマークチャンスを掴み徐々に点差詰めるが、終盤にNo.27河嶋、No.7服部の連続でリードを広げたBLUE SAKUYAが14-7とリードして前半を終える。後半に入っても、BLUE SAKUYAは攻守に渡って圧倒し、No.3初見のポスト、No.14谷の速攻などでさらにリードを広げる。テラスホテルズも7人攻撃を継続し得点を重ねるも、中盤以降BLUE SAKUYAは堅守から速攻で得点を重ねてペースを渡さない。すると、No.21川上が速攻でリーグ戦初ゴールをあげると、No.1飛田もリーグ戦初得点となるエンプティーゴールを決める。その後も攻守に渡って相手にペースを渡さなかったBLUE SAKUYAが30-19で快勝し開幕5連勝となった。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

【フォトギャラリー|第46回日本リーグ】vs 三重バイオレットアイリス [BLUE SAKUYA]


フォトギャラリー 2021年10月30日


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

フリーブログ [No.24 角南果帆]

皆さん、こんにちは!
#24 角南です[わーい(嬉しい顔)]

鹿児島もようやく涼しくなってきました。
私は秋が大好きなのでずっとこのままが良いです。
季節の変わり目は風邪を引きやすいので
皆さん体調には十分気をつけましょう。


私事ですが、10月24日に無事復帰をしました。
改めてハンドボールが出来る喜びを感じています。

怪我をしてからコートに戻るまで多くの方々に
サポートして頂きました。
また、沢山の方が励まして下さり、
応援し続けて下さったお陰で私は
コートに戻る事ができました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

今後も感謝の気持ちを忘れず、
笑顔で楽しんでみんなとハンドボールを
したいと思います。

最後はプレーオフで優勝し、
皆さんと最高の瞬間を分かち合えるよう
一戦必勝でチーム一丸となって戦います!

引き続き応援宜しくお願いします!

5EEDFCC3-1589-4473-BA38-86000C52ADA3.jpeg
FEA929C2-E615-4A22-B0C7-2076AF61B072.jpeg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ