SSブログ
BLUE SAKUYA ブログトップ
前の10件 | -

MIYAKO ☆HAPPYBIRTHDAY☆ [BLUE SAKUYA]

こんにちは[exclamation×2]
BLUESAKUYAです[かわいい]

9月10日はNo.3 初見 実椰子選手
24回目の誕生日でした[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]
5504D385-64EE-43C8-A699-0FA190DC315A.jpeg

みんなでケーキを食べてお祝いしました[黒ハート][黒ハート]

初見選手の一言
「1日1日を大切にして充実させれるようにします!!」
7231F443-BADA-40C5-AF81-ADD8D5E3314A.jpeg

初見選手おめでとうございました\(^o^)/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブルーサクヤ通信 Season2021-22 No.4 [BLUE SAKUYA]


Season2021-22 No.4

☆☆☆ オムロンに勝利!二連勝!! ☆☆☆

いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

第46回日本ハンドボールリーグ第2週。今週はホーム鹿児島でオムロンとの一戦。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、無観客での開催となりました。序盤はお互い譲らない展開となりましたが、徐々にBLUE SAKUYAがリードを広げ、4点差での勝利。開幕からの二連勝で暫定ながら首位に立っています。
今後の日程ですが、女子アジア選手権がヨルダンで開催されるため、リーグは一旦中断期間となります。次戦は10月24日に富山県でアランマーレとの試合。引き続き、ご声援よろしくお願いします。



= 監督コメント =

ベテランが多く、試合の運び、流れを理解している選手が多いチームであるオムロンが相手でしたが、まずは自分たちが攻守において4月からやってきたことを出せるように準備を進めてきました。
攻撃面では、今年の特徴である多くの選手がからむコンビプレー、その中で今日の試合では新人の北ノ薗を起爆剤として起用しました。相手にとっては未知の攻撃ということで、相手守備陣を崩すきっかけになることを期待し起用しました。彼女が持てるパフォーマンスを出して活躍してくれたと思います。また守備の面では、青、ムンスヒョンのコンビで相手のポストを使った攻撃に対するラインコントロールをすることでチームがリズムに乗れ出し、勝利につなげることができました。
次戦、アランマーレ戦は、6週空くので、相手に対応するのではなく、自分たちの今までやってきたことの精度を上げることに取り組んでいきます。攻守に置いて先手をとれるようにフォーカスを当ててやっていき、勝負なので決めきる、守り切る、そういった際の際まで追求していこうと思います。次の試合も応援よろしくお願いします。


= ゲームキャプテン 谷選手コメント =

今日はチーム全員が自分たちの役割を果たせて、総力戦で勝てた試合でした。新人の北ノ薗の攻撃で相手を崩す準備を戦術の一つとして準備していたのですが、期待を上回って100点以上の活躍をしてくれました。また、相手の攻撃に対しても守備陣がカットやチャージなどDFで粘れたのも大きな勝因だったと思います。
今日の試合、立ち上がりシュートが決まらなかったり、相手のエースに決められたりとゲームの入りが課題としてあげらるので、この開幕二戦で見えた課題をチーム力を底上げして、誰が出ても、どんなパターンでも自分たちのハンドボールをできるように、レベルアップさせてアランマーレ戦に臨めたらいいと思います。応援ありがとうございました。


◇◆◇9月4日 オムロン戦 戦評◇◆◇スコアはコチラ

開幕2連勝を狙うBLUE SAKUYAはNo.3初見のポストで先制するも、序盤は両チームとも点を取り合い15分まで一進一退の攻防が続く。ペースを掴みたいBLUE SAKUYAは、No.3初見が獲得した7mスローをNo.15青がきっちり決めると、No.14谷が中央から決めてリードを広げる。さらに、No.27河嶋の連続得点、No.7服部のサイドシュートでリードを広げると、オムロンはタイムアウトを請求。しかし、BLUE SAKUYAも途中出場のNo.19北ノ薗とNo.18スヒョンのコンビプレーで12-8とリードを広げて前半終了。
後半立ち上がり、BLUE SAKUYAは退場の場面でNo.1飛田を中心としたDFでピンチをしのぐも、その後連続失点でリードを縮められる。しかし慌てないBLUE SAKUYAは、No.27河嶋のポストなどで応戦する。中盤に入り、またしても退場のピンチとなるが、No.7服部のサイドで得点をあげると、新人No.19北ノ薗が中央を突破しデビュー初ゴールを奪う。ペースを掴んだBLUE SAKUYAは、終盤に入っても堅守でオムロンの攻撃を防ぎオフェンスのリズムにつなげる。No.8山口がサイドから得点をあげると、No.15青も打点の高いロングシュートを決めオムロンのDFを崩し、終始攻守に安定したBLUE SAKUYAが23-19で勝利し開幕2連勝を飾った。


9月4日 オムロン戦 フォトギャラリー





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

【フォトギャラリー|第46回日本リーグ】vs オムロン [BLUE SAKUYA]


フォトギャラリー 2021年9月4日


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

【試合|日本リーグ】vs オムロン:試合終了 [BLUE SAKUYA]

~速報~

【後半】
SONY 11 - 11  オムロン


【試合終了】
SONY 23 - 19 オムロン
367A894A-A8F8-4749-9954-632C422A0999.jpeg

応援ありがとうございました!


★星取り表★

http://www.jhl.handball.jp/jhl46/results/standing.html?2


次戦は10月24日(日)12時00分~
富山県
氷見市ふれあいスポーツセンターにて
アランマーレとの試合があります!

応援よろしくお願いします[手(グー)][ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

【試合|日本リーグ】vs オムロン:前半終了 [BLUE SAKUYA]

こんにちは!
BLUE SAKUYAです!

現在、鹿児島県
霧島市国分体育館にて
オムロンとの試合が行われています!!


~速報~

【前半】
SONY 12 - 8 オムロン
E5FE02A8-4EA0-4E8A-956A-501D9AE10A1E.jpeg


引き続き、熱い応援よろしくお願いいたします!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブルーサクヤ通信 Season2021-22 No.3 [BLUE SAKUYA]


Season2021-22 No.3

☆☆☆ 今週は鹿児島でオムロンが相手 ☆☆☆

いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。


今週はホーム鹿児島でオムロンとの一戦。オムロンには昨シーズン2勝しているものの油断はできない相手。チーム一丸となって戦いますのでご声援よろしくお願いします!
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、無観客での開催となります。



※画像クリックで選手メッセージの再生がスタートします。




ライブ中継は画像をクリック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブルーサクヤ通信 Season2021-22 No.2 [BLUE SAKUYA]


Season2021-22 No.2

☆☆☆ Season2021-22開幕戦 勝利!! ☆☆☆

いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

第46回日本ハンドボールリーグ、BLUE SAKUYAの初戦は愛知県で大阪ラヴィッツとの一戦。今シーズン優勝を目指すBLUE SAKUYAは初戦に勝利して勢いをつけたいところ。試合展開はBLUE SAKUYAのOGを4名を擁す大阪ラヴィッツに苦戦する時間帯があったものの、最終的には2点差での勝利、初戦勝ち星をあげました。
次戦はホーム鹿児島でオムロンとの試合。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、無観客での開催となりますが、JHLtvでの中継はあります。皆さん、応援よろしくお願いします。


= 監督コメント =
昨シーズンから、攻撃の要の川村、そして五輪中に負傷したチームの精神的支柱、角南のいない中、各々が沢山の気持ちを持ち闘ったリーグ開幕戦。伊地知、笠井ら新人を含め、多くの若手選手を起用しました。
前半開始からディフェンスでなかなかリズムに乗れませんでしたが、オフェンスでは新人の伊地知のロングシュートや、春先から取り組んできたコンビプレーで得点し、2点リードで前半を終了しまた。ハーフタイムでは、特にディフェンスの戦術チェックをし後半へ臨みました。
後半に入ると前半まで機能していたオフェンスが相手に対応され始め、簡単なミスから逆速攻で失点してしまうシーンが増えてしまいました。しかし、大事な場面でGK飛田のビックセーブ、また途中出場の青のディフェンス、徳永の得点などで苦しい時間帯を乗り越えました。最後は、これまで重点を置いてきたディフェンスから速攻で相手を突き放し、なんとか初戦の勝利を手にしました。
課題が多く残るリーグ開幕ではありましたが、チーム一丸となり苦しい試合を勝ち切れたことは、この若手選手の多い我々にとっては大きな自信となりました。次のオムロン戦では、攻守において更に精度の高いプレーを求め必ず勝利します。


◇◆◇8月28日 大阪ラヴィッツ戦 戦評◇◆◇スコアはコチラ

開幕戦となった大阪ラヴィッツ戦は、先取点は大阪ラヴィッツに許すも、新人No.2伊地知がデビュー戦で初ゴールを決め、すかさず同点に追いつく。しかし、序盤は大阪ラヴィッツに主導権を握られる展開となり、BLUE SAKUYAはタイムアウトを請求。攻守の約束事を確認すると、そこからNo.7服部のサイド、No.4田村の速攻などで5連続得点、No.1飛田も7mスローをシャットアウトし大阪ラヴィッツに流れを渡さない。中盤もその勢いのまま、No.13北原のカットイン、No.4田村のサイドなどで5点のリードを奪う。しかし、20分過ぎから大阪ラヴィッツのエースに連続得点を許し、17-15とBLUE SAKUYA2点リードで前半終了。
後半は立ち上がりから両チームともGKを中心としたDFで我慢し、一進一退の攻防となる。何とかリズムを掴みたいBLUE SAKUYAは、No.7服部の絶妙なカットインや速攻で得点するも、大阪ラヴィッツも力強いOFで得点をあげる。中盤に入って何とか引き離したいBLUE SAKUYAだが、新人No.9笠井が初ゴールを奪うも大阪ラヴィッツのDFを崩せず、徐々に点差を詰められる苦しい展開となり、22分にはついに同点に追いつかれる。しかし、ここでチームのピンチを救ったのがNo.1飛田。大阪ラヴィッツの速攻をファインセーブすると、そこから流れはBLUE SAKUYAに傾く。No.3初見のポストで再びリードを奪うと、大阪ラヴィッツ退場のチャンスにNo.27河嶋が確実にサイドから決めリードを広げる。その後はNo.15青、No.13北原を中心とした堅守で大阪ラヴィッツに得点を許さず、27-25でBLUE SAKUYAが開幕戦を勝利した。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

【試合|日本リーグ】vs 大阪ラヴィッツ:試合終了 [BLUE SAKUYA]

~速報~

【後半】
SONY 10 - 10  大阪ラヴィッツ


【試合終了】
SONY 27 - 25 大阪ラヴィッツ

20D5D88B-C719-4889-814C-9AC7F03D404C.jpeg

応援ありがとうございました!


★星取り表★

http://www.jhl.handball.jp/jhl46/results/standing.html?2


次戦は9月4日(土)13時00分~
鹿児島県
霧島市国分体育館にて
オムロンとの試合があります!

応援よろしくお願いします[手(グー)][ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

【試合|日本リーグ】vs 大阪ラヴィッツ:前半終了 [BLUE SAKUYA]

こんにちは!
BLUE SAKUYAです!

現在、愛知県
豊田合成記念体育館にて
大阪ラヴィッツとの試合が行われています!!


~速報~

【前半】
SONY 17 - 15 大阪ラヴィッツ
14418546-3DA3-4C30-966D-708C4936EF96.jpeg

D86315F3-B4EA-4583-A5EC-69BDC32C8E55.jpeg


引き続き、熱い応援よろしくお願いいたします!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブルーサクヤ通信 Season2021-22 No.1 [BLUE SAKUYA]


Season2021-22 No.1

☆☆☆ シーズン開幕!! ☆☆☆
~初戦は8月28日 大阪ラヴィッツ戦~

いつもハンドボール部 BLUE SAKUYAへご声援いただき、誠にありがとうございます。

いよいよ、第46回日本ハンドボールリーグが開幕します。昨シーズンのプレーオフ決勝での悔しい敗戦から約半年、BLUE SAKUYAメンバーは厳しいトレーニングを重ねてきました!!それも、今シーズンの日本リーグで優勝するため。ぜひ、今シーズンもBLUE SAKUYAの戦いにご注目ください!


今シーズンのポスター・パンフレットは「あじさい」をモチーフに作成しました。あじさいは、小さい花がたくさん集まることで一つの大きな花となっていることから、BLUE SAKUYAもそれと同じよう、一人ひとりが個性を出すことによってより一つの強いチームになるという意味が込められています。


= 監督コメント =


監督 大城 章


今シーズンのスローガンは”Believe We Can ~着実に、その先へ~”というものです。去年のチームでは準優勝という結果で目標達成ができませんでした。その悔しさをバネに、去年まで積み重ねてきたものを引き継ぎながら優勝目指してやっていきたい。という想いが込められています。

今年のチームも堅守速攻という、BLUE SAKUYAの武器を活かせるようにしていきます。昨年の主力が引退したところに、4名の新人が入り新しいBLUE SAKUYAカラーができつつあります。未知な世界ですがどんなチームができあがるかとても楽しみです。ぜひ、今シーズンもBLUE SAKUYAのへのご声援よろしくお願いします。



= 新型コロナウィルス感染拡大防止について =


8月28日(土)に愛知県で開催されます大阪ラヴィッツとの開幕戦、9月4日(土)に鹿児島県で開催されますオムロン戦につきましては、"レベル1:全くの無観客での実施、いわゆるリモートマッチ"での開催となっておりますのでご承知おきください。


その他試合においての日程、開催レベル等については急遽変更になる可能性があります。詳しくは日本ハンドボールリーグHPをご参照ください。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - BLUE SAKUYA ブログトップ